重ねる想い。

c0107826_19532323.jpg


 先週の仕事中に ある事でとても腹を立てた私。
 悔し泣きを、またしそうになった。
 怒りすぎて、翌日には具合を悪くしたほどで
 それを抱えたまま数日を過ごしていた。
 
 先日、良いタイミングでK兄が私の怒りを
 うまく消化吸収すべく、咀嚼する術を示してくれた。
 感情の沸点が似ている存在..というのは、救われる。
 
 救われた、と思ったのは 私に過度な同調はせず
 理解はしつつも、あくまでも第三者としての意見を
 冷静に述べてくれたからだ。
 (もし、その場にいたかの様に話されたり、
 私のことだけを肯定されたら、新たに怒ってたと思う)
 
 そうして咀嚼しているうちに、当然ながら
 落ち着いてきたし、見えてなかった事が明確になり、
 怒りが嘘のようにすっと引けてしまった。
 聞いてるほうは、しんどかったと思う。
 かなりの怒りだったし。ひとしきり話した後で

 『で?落ち着いた?』とニコニコ笑う兄。
 『何であんなにぶりぶり怒ってたんだろ、私?
  お腹空いてたから?』
 私は照れ隠しで言ったんだけど。

 『...今度から、仕事中は食わせとこう...』
 『私、そんなに怒ってるっけ?』
 『うん、怒らせてるのは僕だけど』
 『あーっ!そうだよ、この間の件だって..!』
 と、折角の咀嚼指導者に またしても怒る私なのでした。

 仕事となると、どうしても許せない事や人がいる。
 なぁなぁにして、何食わぬ顔してやり過ごすなんて、
 私には、とてもじゃないけど出来ない。
 手を抜こうと思えば、いくらでも可能かもしれないし
 実際、機械のように仕事をしてる仲間もいる。
 それが良いか悪いかは、置いておくけれど
 私はしない、という話。
 それは私のスタイルじゃないから。
 それで良いんじゃない?ってK兄は笑っていたけれど
 怒りも咀嚼して、嬉しい事も咀嚼して
 色んな想いを重ねて..吸収して、
 また良い仕事が出来るように、その栄養素にしよう。

 そんな風に思った秋の夜でした。


 恋の話は?と、先日ある方から
 メッセージを頂きましたが...ないんですよ!
 ごめんなさい(笑 
 人恋しい季節になって参りましたが、
 真剣にうつつを抜かす、という楽しき暇がないのだ。  
 怒ってる暇と読書する暇はあるけれど。
 (桐野夏生さんは一晩で読破。今は三浦しをんさん..)
 
  
[PR]

by amorosa | 2007-10-04 21:05 | infermiera~nurse